スーパーフードの栄養効果へようこそ!

スーパーフードの栄養効果へようこそおいでくださいました。

 

当サイト「スーパーフードの栄養効果」では、「スーパーフード」と呼ばれる食材に含まれる栄養素や効果効能を紹介しています。

 

スーパーフードには、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、脂肪酸、食物繊維、ポリフェノールなど、からだにとって必要不可欠な栄養素や、健康や若さを維持するために重要な働きをする栄養成分が、バランスよく含まれているという特徴があります。

 

また、スーパーフードとは、一般的にフリーラジカル(活性酸素)が細胞を傷つけたり老化させたりするのを防ぐ「抗酸化力」のある自然食品の総称であるともいわれています。

 

世の中に様々な種類の食材が存在していますが、食べ物の多くは基本的に一長一短で、これを食べておけば健康になれるといった食材はほとんど見当たりません。そのため、本当に栄養面でバランスが取れ、からだに良い影響ばかりをもたらす食べ物というのは少ないと感じます。

しかしスーパーフードの多くは、副作用がほとんどなく、しかも健康のための様々な効果効能をもたらしてくれるので、スーパーフードを日頃の食生活に採り入れることは、自然の恩恵、地球からの贈り物を享受することに等しいと考えられます。

例えばスーパーフードとして挙げられるのは、ユーグレナ、チアシード、ココナッツオイル、キヌア、ルイボスティー、モリンガ、アムラ、マキベリー、サジー、ノニなどです。

 

先程も述べましたが、世の中にはこれだけ食べていれば病気を防ぐことが出来、しかも健康になれるというパーフェクトな食材というものは存在しません。また、どんな食べ物もカラダに良いからといって、一定の基準を超えるほど食べ過ぎれば、健康に害を与えてしまいます。

 

スーパーフードの栄養効果を毎日の生活に

 

ところが「スーパーフード」を呼ばれるほどの食材は、一般的な食品よりも栄養バランスが非常に優れているため、理想的だといえるのです。

 

もちろん、スーパーフードだからといって、特定の食材を食べ過ぎてしまうことは避けるべきですが、しかし、現在スーパーマーケットやコンビニエンスストアに出回っている加工食品やファストフード、精製した食べ物の多くは、からだの細胞にとって必要なミネラルが不足していたり、熱によってビタミンが失われていたりします。また、野菜や果物に含まれているビタミンやミネラルといった栄養素の量も、年々減少してきています。

 

そして、知らない間に起こっている深刻なミネラルやビタミンの不足は、様々な病気を引き起こす原因になります。

 

またインスタント麺やお菓子などの加工食品は、ビタミンやミネラルが少ないだけではなく、腸内細菌のエサになる食物繊維もほとんど含まれていないうえ、砂糖や精製でんぷんといった糖質ばかりが多く含まれているという問題もあります。

 

そのため、毎日の食生活に「スーパーフード」と呼ばれる食材を加えれば、日頃の栄養不足を解消できます。それに加えて、出来る範囲での断食・ファスティングを行ない、その間にスーパーフードだけを口にすることは、より健康になるだけではなく、デトックスやダイエット、アンチエイジングなどにもつながっていくと考えられます。

 

ぜひ、普段の食事にスーパーフードの栄養効果を採り入れることによって生じる体調の変化を、からだで感じてみてください。

 

当サイト「スーパーフードの栄養効果」で取り上げている食材

 

  • ユーグレナ
  • ノニ
  • アムラ
  • カカオ
  • モリンガ
  • サジー
  • スピルリナ
  • チアシード
  • ヘンプシード
  • キヌア
  • ゴジベリー
  • ココナッツオイル
  • 生はちみつ
  • ビーポーレン
  • ルイボスティー
  • 玄米(リブレフラワー)

当サイト「スーパーフードの栄養効果」に関するご意見・ご感想はこちらからお願い致します。

スーパーフードの栄養効果

Amazon.co.jpアソシエイト